車販や整備の収益アップノウハウや成果創出事例など、自動車関連事業者のための
最新のお役立ち情報を、チームエルがご紹介しています。

新着記事

【小阪裕司コラム第262話】彼女が人生の最後に出合えたもの

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

今回は、あるメーカーでのエピソードをご紹介しよう。ワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を実践する企業とビジネスパーソンの会)会員の、海苔の養殖と加工、最終商品の製造・販売を行って...

【小阪裕司コラム第261話】「ようこそ先輩!」2

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

 今回は、前回の続き。ワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を実践する企業とビジネスパーソンの会)会員の文具店での、顧客コミュニティの育成・活性化のお話。  すでに美大生となってい...

おすすめ

【堀越勝格の経営ノート】「マネジメント課題は「仕組み」で解決する

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

決めたことが進まない、成果が出ない、すぐに元に戻ってしまう…どうも意識が低くて困っている…マネジメント上のこうした「嘆き」はよく耳にするところです。 ところで、マネジメントの一つの手法に「PDCAサイクル:Plan(計画...

【堀越勝格の経営ノート】信じる?信じない?

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

「不正(業務上横領)があったので〇〇さんを解雇せざるを得なくなりました・・・」 そういう相談がたまに寄せられます。こういう話は本当に悲しいものです。その雇い主の経営者の心情を推し量るとなおのことです。当該の人が元から横領...

【堀越勝格の経営ノート】仕方がないから自粛しよう・・・

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

ある社長様とお話をしているとき、「確かにその通りっ」と思うことがありました。 今は、コロナ禍の影響で皆様いろいろと仕事の仕方も変革を迫られているタイミングだと思います。 例えば、来店型のイベントを自粛するにあたって、その状況に対するリーダーの姿勢・態度は、 「こんな時期だから、仕方がないから来店型イベントは自粛しよう」 と、 「こんな時期だからこそ、来店型イベントは自粛しよう」 では、組織の雰囲気つくりには雲泥の差が出る、というお話でした。

営業の極意は「笑顔」をつくること

カテゴリ : 経営コラム, 車販収益増大

売れている営業マンに共通する重要なポイントは笑顔です。明るい笑顔でグングン営業成績を伸ばした営業マンの事例を交えて営業の極意をお伝えします。

【小阪裕司コラム第196話】〇〇しただけで、客数172%の盲点とは2

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

今日は、あることを行ったら客数が伸びた、にじます料理店のお話の続き。人口2万人弱のある地方の町で60年以上も営まれている同店。小さな町ゆえ、店主は、「知名度はあるだろう」と長らく思っていたが、実践会に入会し、ある実例を知...

中古車(オークネット)保証獲得方法と知っておきたい3つのメリット

カテゴリ : 営業力強化, 経営コラム

中古車販売時に保証を獲得する方法と保証獲得による大きな3つのメリットをお伝えします!保証をうまく活用して収益の改善はもちろんのこと、トータルカーライフサポートにお役立ていただきたい内容です。

【小阪裕司コラム第7話】未来の売上ボックス

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

今回は、同社が提供しているなかの、ご家庭のお掃除サービスに関する実践事例だ。依頼してくれたご家庭での作業が終わると、お客さんは予想以上にきれいになったと喜び、その後に、「次はいつ頃、お願いすればいいかしら」と聞いてくれることが多い。

【堀越勝格の経営ノート】流されない

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

コロナ禍がまだまだ収まりませんね。 いつまで続くんだろう、感染者が増えてきたらどうしよう、そういう不安と常に隣り合わせになる 「ウィズコロナ」時代です。

【小阪裕司コラム第8話】今、人材を育て組織を強くするには

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

最近、弊会に多く寄せられるようになった報告が、いかに人材を育成し、組織を強くしていくかの取り組みだ。なぜそういう報告が増えてきたのだろう?

【小阪裕司コラム第6話】タントにごまをつける

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

なかなか気づかない「売れない理由」と、それに気づく力をどう身につけるかに関わる、学びの多いご報告だ。同店は、当会が会員に毎月お届けしている会報誌に掲載されている会員さんの実践事例を、店内で共有し意見を言い合う勉強会を月に1回開いている。

会員制サービス
「CaSS
(Car-business Support Service/キャス)」
に関するお問い合わせ

お申し込み方法やサービス内容、その他ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合せください!

  • 03-5201-8080
  • お問い合わせフォーム