車販や整備の収益アップノウハウや成果創出事例など、自動車関連事業者のための
最新のお役立ち情報を、チームエルがご紹介しています。

新着記事

【メンテナンスショップレポート⑤】最適な顧客接点体系を考えよう

カテゴリ : 整備収益増大

ある整備工場では、入庫促進のための顧客フォローDMにより、取り組み前と比べ、1.4倍の利益UPに成功いたしました。 さて、この整備工場では、どんな取り組みを行ったのでしょう。このコラムでは、このある取り組みをご紹介します...

【小阪裕司コラム第253話】商売の要は●●と●●

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

店頭でずっと売っている商品がある。近年は特に売るための手間もかけていないが、それでも売れてきた。その商品が急に売れなくなってきたとき、あなたならどう考えるだろうか?今回ご紹介するのは、ワクワク系マーケティング実践会(この...

おすすめ

【小阪裕司コラム第63話】商売は原点に還り、また始まる

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

ふと思い出して振り返ってみた約10年前のコラム原稿に、商売の大先輩の講演を拝聴した話があった。今日はその原稿を題材にしたい。

【堀越勝格の経営ノート】何のために??

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

皆さんは、掃除はしますか? 例えば、会社で「ショールームのテーブルをきれいにしておいて」と指示を受けたとしましょう。 あなたは「きれいにする」ためにダスターで丁寧に拭き上げました。 さて、これでOKでしょうか。 そもそも...

なんで、あのお客様はうちでクルマを買ってくれないのか?

カテゴリ : キバン博士の基盤代替

基盤代替に携わって12年、キバン博士がお送りする基盤代替コラム。初回の今回は「なんで、あのお客様はうちでクルマを買ってくれないのか?」という誰もが直面する素朴な疑問にお答えしましょう。

【堀越勝格の経営ノート】お客様に寄り添いたい

カテゴリ : 堀越勝格の経営ノート

コロナ禍で分かったことがありました。お客様の来店動向です。 新規来店は減少し、基盤来店は維持、だったのです。 コロナ禍による出控えがあっても、必要があればお客様は動きます。そして、その先は「いつものお店」「なじ みのお店」だったのではないかと思います。ましてや、車検は法廷需要なので減ることはなく、どこかで受け なければなりませんから、こういう時期に敢えていろいろなお店を探すのではなく、「知っているいつものお店 なら安心」と思って来店されるのではないかと想像します。

【小阪裕司コラム第200話】絵手紙総選挙

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

今回は、顧客に送り続けている絵手紙が、ほっこりしたイベントへと発展したお話。ワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を実践する企業とビジネスパーソンの会)会員の、薬局からのご報告だ。...

【小阪裕司コラム第156話】これが頭に入っていれば2

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

前回の話の続き。ある小顔矯正サロンでのこと。店主らは、床に落ちてポンプ式ボトルの頭部分が壊れてしまった「ローズの香りのボディクリーム」を、「猫の貯金箱方式」で売ってみようと試みた。 この方式で売るとなれば、カギはPOP(...

車販利益を下取で増やすシンプルな方法 前編

カテゴリ : 経営コラム, 車販収益増大

下取車の利益を向上させ、経営を安定化。簡単な取り組みが大きな結果につながった整備工場X社の事例をお伝えします。

【小阪裕司コラム第185話】いままでの値段は何だったのだろう

カテゴリ : 小阪裕司の「人の心と行動の科学」で商売を学ぶ

今年は、拙著『「価格上昇」時代のマーケティング』を上梓させていただいたように、「値上げ」がホットトピックだった。今日は、そんな今年を象徴するような値上げのお話。ワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商...

自動車業界にとってのSNSと利益につなげる成功方法 2/4

カテゴリ : 営業力強化, 経営コラム

自動車業界でも既存顧客の獲得の囲い込みのため、近年流行のSNSに取り組む必要性が高まっています。利益を上げるための成功のポイントは明確な目標設定と正しいSNSの選択です。SNSの正しい活用方法をお伝えします。

「販売促進」と「店頭演出」

カテゴリ : 経営コラム, 車販収益増大

店頭演出をお伝えする前に、押さえておきたい言葉があります。それは「ポジショニング」と「ベネフィット」です。これらはマーケティング用語として使われますが、あまり聞き慣れない言葉かも知れません。

会員制サービス
「CaSS
(Car-business Support Service/キャス)」
に関するお問い合わせ

お申し込み方法やサービス内容、その他ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合せください!

  • 03-5201-8080
  • お問い合わせフォーム